木偶坊の美探求流浪記 そして酒場と食と人を求めての旅


by sanmu39

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りブログ

ザルツブログ ザルツブル...
you&me

エキサイト以外リンク情報

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2016年 04月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

検索

カテゴリ

全体
日本古禮の旅
世界の旅
アートの旅
人間の旅
時代の旅
墨の造形
生書
酒場と食と人
Human

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
アーティスト

画像一覧

築地のにぎわい<東京都中央区築地>

日本のオペラは築地にあり

東京の台所築地。市場の活気は魂と魂との叫びのごとく聞こえる。市場で早朝「せり」で飛び交う声を「日本のオペラだ」と表現したムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(旧ソビエト連邦出身でチェリスト・指揮者・ピアニストで20世紀後半を代表する巨匠でしられた)は生前日本に来日すると必ず築地を訪れ、日本のオペラを絶賛した。
f0181746_727072.jpg

築地は元気の魂が息づく場所である。

さっそく築地の素敵な扁額・看板たちを紹介しよう。
f0181746_7312577.jpg
「杉本」
f0181746_7314370.jpg
「正本」あこがれの包丁であった。刃物の職人の街でもある。刃物を感じる看板は流石である。
f0181746_732115.jpg
「佃權(つくごん)」練り物が豊富。
f0181746_732278.jpg
「三宅」三宅水産
f0181746_7324383.jpg
「玉八」玉子焼きの名店でうまい。
f0181746_7331262.jpg
「内野商店」旬 ・鮮 ・美 ・味の八百屋
f0181746_7335634.jpg
さかなくん、中尾彬、女性タレント(う~ん、名前わからん)が、グルメ番組の取材で築地を紹介していた。
f0181746_7342128.jpg
アナログがいい。ナイスなハカリ達。

f0181746_7351798.jpg
ちょっとここからグルメ情報です。吉野家の原点「はやい・うまい・やすい」牛丼が生まれた聖地、吉野家第1号店。営業時間が5:00~13:00。
f0181746_736133.jpg
f0181746_7362992.jpg
f0181746_736474.jpg
「洋食豊ちゃん」ここの「オムハヤシライス」はうまい。トッピングも豊富で、牡蠣フライandカニコロッケ辺りをのせたいのだが、もう1件行かねばならぬ店があるので我慢。
f0181746_737186.jpg
「井上」ラーメン屋の看板である。家紋入りで、懐の広い存在感があり、ラーメン屋の看板としては日本一いい字ではないか。
f0181746_7373961.jpg
f0181746_738919.jpg
「築地井上」の特製中華そばは東京の味である。今日はさほど行列していなかったが、注文してから約1~2分で出来上がる。ルールはキャッシュ・オン・デリバリーで自分でお盆を手にし、おやじの親指が入ったどんぶりをお盆にいただく。普通の店なら文句も出るが、ここは築地なるとこでお洒落で粋を感じる。うまかったなあ。特製中華そば650円也。
築地は底知れぬ食の堂の街でもある。
[PR]
by sanmu39 | 2008-10-28 07:43 | アートの旅 | Comments(0)