木偶坊の美探求流浪記 そして酒場と食と人を求めての旅


by sanmu39

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

ザルツブログ ザルツブル...
you&me

エキサイト以外リンク情報

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

検索

カテゴリ

全体
日本古禮の旅
世界の旅
アートの旅
人間の旅
時代の旅
墨の造形
生書
酒場と食と人
Human

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:人間の旅( 32 )

幸福とは

And happiness?

リオ会議(環境の未来を決める会議)でウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ大統領のスピーチが考えさせる内容だ。ムヒカ大統領は自分の資産の80%を寄付し、郊外の質素な住宅に暮らしている。 給与の大部分を財団や政府などに寄付し月1000ドル強で生活するしているという。

会場にお越しの政府や代表のみなさま、ありがとうございます。

ここに招待いただいたブラジルとディルマ・ルセフ大統領に感謝いたします。私の前に、ここに立って演説した快きプレゼンテーターのみなさまにも感謝いたします。国を代表する者同士、人類が必要であろう国同士の決議を議決しなければならない素直な志をここで表現しているのだと思います。

しかし、頭の中にある厳しい疑問を声に出させてください。午後からずっと話されていたことは持続可能な発展と世界の貧困をなくすことでした。私たちの本音は何なのでしょうか?現在の裕福な国々の発展と消費モデルを真似することでしょうか?

質問をさせてください:ドイツ人が一世帯で持つ車と同じ数の車をインド人が持てばこの惑星はどうなるのでしょうか。

息するための酸素がどれくらい残るのでしょうか。同じ質問を別の言い方ですると、西洋の富裕社会が持つ同じ傲慢な消費を世界の70億〜80億人の人ができるほどの原料がこの地球にあるのでしょうか?可能ですか?それとも別の議論をしなければならないのでしょうか?

なぜ私たちはこのような社会を作ってしまったのですか?

マーケットエコノミーの子供、資本主義の子供たち、即ち私たちが間違いなくこの無限の消費と発展を求める社会を作って来たのです。マーケット経済がマーケット社会を造り、このグローバリゼーションが世界のあちこちまで原料を探し求める社会にしたのではないでしょうか。

私たちがグローバリゼーションをコントロールしていますか?あるいはグローバリゼーションが私たちをコントロールしているのではないでしょうか?

このような残酷な競争で成り立つ消費主義社会で「みんなの世界を良くしていこう」というような共存共栄な議論はできるのでしょうか?どこまでが仲間でどこからがライバルなのですか?

このようなことを言うのはこのイベントの重要性を批判するためのものではありません。その逆です。我々の前に立つ巨大な危機問題は環境危機ではありません、政治的な危機問題なのです。

現代に至っては、人類が作ったこの大きな勢力をコントロールしきれていません。逆に、人類がこの消費社会にコントロールされているのです。私たちは発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるためにこの地球にやってきたのです。人生は短いし、すぐ目の前を過ぎてしまいます。命よりも高価なものは存在しません。

ハイパー消費が世界を壊しているのにも関わらず、高価な商品やライフスタイルのために人生を放り出しているのです。消費が社会のモーターの世界では私たちは消費をひたすら早く多くしなくてはなりません。消費が止まれば経済が麻痺し、経済が麻痺すれば不況のお化けがみんなの前に現れるのです。

このハイパー消費を続けるためには商品の寿命を縮め、できるだけ多く売らなければなりません。ということは、10万時間持つ電球を作れるのに、1000時間しか持たない電球しか売ってはいけない社会にいるのです!そんな長く持つ電球はマーケットに良くないので作ってはいけないのです。人がもっと働くため、もっと売るために「使い捨ての社会」を続けなければならないのです。悪循環の中にいるのにお気づきでしょうか。これはまぎれも無く政治問題ですし、この問題を別の解決の道に私たち首脳は世界を導かなければなりません。

石器時代に戻れとは言っていません。マーケットをまたコントロールしなければならないと言っているのです。私の謙虚な考え方では、これは政治問題です。

昔の賢明な方々、セネカやアイマラ民族までこんなことを言っています

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

これはこの議論にとって文化的なキーポイントだと思います。

国の代表者としてリオ会議の決議や会合にそういう気持ちで参加しています。私のスピーチの中には耳が痛くなるような言葉がけっこうあると思いますが、みなさんには水源危機と環境危機が問題源でないことを分かってほしいのです。

根本的な問題は私たちが実行した社会モデルなのです。そして、改めて見直さなければならないのは私たちの生活スタイルだということ。

私は環境資源に恵まれている小さな国の代表です。私の国には300万人ほどの国民しかいません。でも、世界でもっとも美味しい1300万頭の牛が私の国にはあります。ヤギも800万から1000万頭ほどいます。私の国は食べ物の輸出国です。こんな小さい国なのに領土の90%が資源豊富なのです。

私の同志である労働者たちは、8時間労働を成立させるために戦いました。そして今では、6時間労働を獲得した人もいます。しかしながら、6時間労働になった人たちは別の仕事もしており、結局は以前よりも長時間働いています。なぜか?バイク、車、などのリポ払いやローンを支払わないといけないのです。毎月2倍働き、ローンを払って行ったら、いつの間にか私のような老人になっているのです。私と同じく、幸福な人生が目の前を一瞬で過ぎてしまいます。

そして自分にこんな質問を投げかけます:これが人類の運命なのか?私の言っていることはとてもシンプルなものですよ:発展は幸福を阻害するものであってはいけないのです。発展は人類に幸福をもたらすものでなくてはなりません。愛情や人間関係、子どもを育てること、友達を持つこと、そして必要最低限のものを持つこと。これらをもたらすべきなのです。

幸福が私たちのもっとも大切なものだからです。環境のために戦うのであれば、人類の幸福こそが環境の一番大切な要素であるということを覚えておかなくてはなりません。

ありがとうございました。


[PR]
by sanmu39 | 2015-04-22 07:23 | 人間の旅 | Comments(0)

福岡

逍遥と巡礼参りⅡ



f0181746_07434367.jpg
福岡県宗像市にある宗像大社
f0181746_07434164.jpg
ご祈祷
家内安全
f0181746_07433926.jpg
ご参考に




2日目の夕刻6時過ぎにさきとへ
f0181746_07431910.jpg
f0181746_07431321.jpg
佐賀の酒、鍋島
f0181746_07430823.jpg
博多の酒、一本〆
f0181746_07430673.jpg
いも焼酎、眞鶴
f0181746_07430325.jpg
いも焼酎、なかむら
f0181746_07430132.jpg
f0181746_07425891.jpg
f0181746_07425469.jpg
先付2品
f0181746_07425180.jpg
f0181746_07424634.jpg
f0181746_07422824.jpg
天然平目えん側刺
f0181746_07422641.jpg
白身魚えん側刺6品
f0181746_07422154.jpg
里芋煮
f0181746_07421952.jpg
カキフライ
f0181746_07421724.jpg
のどぐろ焼
f0181746_07413629.jpg
ごまさば

f0181746_07412943.jpg


赤なまこ

連日予約で満席です。

しかし、空席があるかの電話が店内に鳴響く。

そして、入口には直接確認に来る人が後を絶たない。

予約のお客様が帰り、運よく一人客が通される。

仕方ないのでしょうが、常連のお客様を大切にしているが故に、一見さんは予約が取れないのです。大将の心配り(料理)にはカウンター12~13席が限界。小生も常連???2009年8月、2013年8月そして今回の都合6回の訪問。それ以外に東京で3度再会して居りますが。。。

大将と美加さんと中中話ができない。

2日目最終日は10過ぎぐらいから閉店11時過ぎまでようやくゆっくり話が出来ました。

家人もとても喜んでくれました。

心と身体のリフレッシュに来ますので、お身体にはご自愛くださいませ。














[PR]
by sanmu39 | 2015-01-15 09:48 | 人間の旅 | Comments(0)

福岡

逍遥と巡礼参り

2013年8月以来の福岡。
目的は2つ。
家人のルーツを辿るべく福岡県宗像市にある「宗像大社」へお参り並びにご祈祷を頂戴。そして、福岡舞鶴の大将と美加さんに逢いに「さきと」へ。2009年8月に出逢い5年半のお付き合いをさせて頂いている。人として優しく、懐の深く、サービス旺盛、サプライズ大好きなお二人です。冬には一度はおいでとのお誘いを頂きました。冬の魚を堪能いたします。

f0181746_07445357.jpg

羽田空港にて出発の乾杯(朝です・・・)

f0181746_07444852.jpg


夕刻6時に名店の居酒屋さきとへ
先ずは酒オンパレード

f0181746_07444432.jpg
壽限無(じゅげむ)若波
f0181746_07443864.jpg


真鶴は年間3本の割当のみ、家人はあらごし梅酒にハマる

f0181746_07443516.jpg


白霧島は本州には無いかも

f0181746_07443363.jpg
f0181746_07442681.jpg
先付1(クエ)
f0181746_07442491.jpg
先付2(鯨のうね)
f0181746_07442102.jpg
f0181746_07441569.jpg
2切10品盛合せ
(本マグロ大トロ刺、たち魚刺、天然たい刺、天然平目刺、あらかぶ刺(かさご刺)、天然ぶりトロ刺、天然ぶり刺、クエ刺、あおりいか刺(水いか刺)、きびなご刺)
f0181746_07441369.jpg
虎ふぐ刺と虎ふぐ白子刺
f0181746_07440664.jpg
虎ふぐ白子塩焼
f0181746_07441199.jpg
さば3点盛合せ(さば刺、〆さば、ごまさば)
f0181746_07440847.jpg
赤なまこ。。。馬い
f0181746_07440322.jpg
f0181746_07440156.jpg
f0181746_07435774.jpg
鯨8品刺盛合せ(1切盛合せを2切に切ってくれた・・10品ある!!)
f0181746_07435543.jpg
おばいけ(鯨の皮)

大将にオーダーしたメニューは2切10品盛合せ、赤なまこ、ポテサラ、トマト、鯨1切8品盛合せだけでしたが、
すべての刺身が食べたいと申したら・・・本当にすべての刺身を出して頂きました。虎ふぐまでも・・・大将のサプライズです
ご馳走様でした
明日も伺います








[PR]
by sanmu39 | 2015-01-14 08:23 | 人間の旅 | Comments(0)

赤羽/新橋/有楽町

整理整頓

f0181746_08412686.jpg
赤羽にてメガネを作った。2枚目です。老眼、近視、乱視が進んでいるようだ。


f0181746_08455496.jpg
新橋にていつもの理容室にてすっきりと。いつも河上君ありがと。


f0181746_09333740.jpg
有楽町にて足元すっきり。千葉SP。



[PR]
by sanmu39 | 2014-04-17 09:34 | 人間の旅 | Comments(0)

一灯照隅

つながる一年、さらなる一念


f0181746_7134391.jpg
「一灯照隅(いっとうしょうぐう)」一つの灯りは隅しか照らせない。
一人の自分の役割を果たしてこそ全体の灯りに繋がる、万燈照国(ばんとうしょうこく)になる。
自問自答してみた。

全てにおいて充実した一年、約半世紀生かされてきたが、その裏側は血と汗をいっぱい放出し、ホンマにきつく、厳しい一年でもあった。



心で考え、頭で破壊し、躰で感じることのできた一年でした。

2014年(平成26年)は「一念」を目指すことの一年にいたします。

2013年(平成25年)に感謝。
[PR]
by sanmu39 | 2013-12-27 07:20 | 人間の旅 | Comments(0)

福岡

福岡へ

松本ご夫婦にお礼と美味しい酒、肴、そして書の探究の旅


f0181746_12392946.jpg
探求・探究の旅
f0181746_12393430.jpg
篠田桃紅の「桃紅百年」
f0181746_12394961.jpg
意義深い

墨は火で作られ、水で生まれ変わる
墨は火で作られ、水で活かされる
[PR]
by sanmu39 | 2013-08-09 12:35 | 人間の旅 | Comments(0)

稲盛和夫

生き方


人生壱日一日懸命に生きる。
同調、同感できる。
久しぶりに、出逢えた書籍です。
[PR]
by sanmu39 | 2013-04-26 07:47 | 人間の旅 | Comments(0)

幸せ

YouTubeにアップされた動画「El Cajero de la felicidad.」

突如街中に出現した赤いATMから、人々が実際に現金を受け取る姿が収めれている。
しかも驚くべきことに、タダで現金を手に入れた人たちだけでなく、この街の市民や動画を見た世界中のネットユーザーたちまで愛と感動に包まれているという。一体、これはどういうことなのか……。

実はこれ、コカ・コーラ社による「シェア・ハピネス」というキャンペーンの一環なのだ。深刻な経済危機に陥るスペインの街数カ所に、特別に作ったATMを設置。その画面上には、「キャッシュカードなしで100ユーロ(約1万2000円)を手に入れよう」と表示されており、「YES」か「NO」を選択するようになっている。

これに気付いた人々が「YES」を選ぶと、今度は「みんなと分け合うことが条件です」と表示される。さらに、「どのような方法で分けたらよいか、アイデアが欲しいですか?」と聞かれ、「YES」をタッチすると他の人に幸せを分け与える方法がいくつか提案されるようになっている。

そのアイデアは様々で、「赤ちゃん連れの人にオムツを買ってあげる」「近所に住む人にプレゼントをする」「道行く人に食べ物を配る」……など、それを受け取った人が嬉しくなり、ちょっとした幸せを感じられるような内容になっているのだ。

そして最後に、ATMから一枚の封筒が出てくる。中身は現金100ユーロと、「この体験を世界中にシェアしてもらえると嬉しいです」と書かれた紙。もちろん、お金を手にした人々が指示に従う保証はないし、そうしなければならない義務もない。彼らは好きなように100ユーロを使うことができるのである。

それにもかかわらず、タダで現金を手に入れた多くの人が他の人々と幸せを分かち合い、その内容を撮影して世界中にシェアしているのだ。動画は、ATMを見つけた人々の反応と、実際に良い行いをして自らの体験を公開した人々の様子をまとめたものなのである。







観た感想は・・・、他者(人)をもっと信じ、頼り、分け合うことが出来たら。イイね。






one day
[PR]
by sanmu39 | 2013-03-05 07:57 | 人間の旅 | Comments(0)

2013年・平成25年

新春到来




f0181746_895394.jpg
山深い山麓へ






f0181746_8105024.jpg
本気と覚悟をもった2013年





f0181746_8113091.jpg
奥那須の「北温泉」





友人御夫婦と訪ねた。
「チャレンジの心と人を敬う体力」を誓いスタートできたようだ。

筆と墨、そして紙に託す己の魂を「鎮魂」こめて書き続ける1年となるようだ。








f0181746_822779.jpg
おまけ「不動の卵」
[PR]
by sanmu39 | 2013-01-07 08:20 | 人間の旅 | Comments(0)

合掌

舞台が見たかった。

劇団民藝代表で俳優の大滝秀治さんが2日午後3時17分、肺扁平上皮がんのため東京都内の自宅で死去したと5日、民藝が発表した。享年87歳。

ご冥福お祷り申し上げます。

合掌
[PR]
by sanmu39 | 2012-10-05 16:29 | 人間の旅 | Comments(0)