木偶坊の美探求流浪記 そして酒場と食と人を求めての旅


by sanmu39

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

ザルツブログ ザルツブル...
you&me

エキサイト以外リンク情報

以前の記事

2017年 02月
2016年 04月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

検索

カテゴリ

全体
日本古禮の旅
世界の旅
アートの旅
人間の旅
時代の旅
墨の造形
生書
酒場と食と人
Human

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
アーティスト

画像一覧

カテゴリ:時代の旅( 7 )

現生

考えるコト

様々な旅をさせて頂いて、今思うことがある。
無駄な旅は一つもない。しかしながら、伴うリスクはある。
お金という価値観はにんげんを支配している限りに・・・。
必要な人、大事な人に負担や必要ない迷惑をかけているコトだ。

生き方を変えるコトはないが、生きる場所!は変える必要性はある。
早急に答えを出さねばいけない。
ご迷惑をかけているのであれば・・・。

f0181746_20251987.jpg

[PR]
by sanmu39 | 2013-10-01 20:29 | 時代の旅 | Comments(0)

さんぽ

新橋&銀座さんぽ







f0181746_7295075.jpg
いつもの新橋で幸ばあちゃんに靴を磨いてもらう




f0181746_7303443.jpg
いまでは有名人の幸ばあちゃん。毎日元気に日本経済人の足元を磨いている。
あさみちゆきの「新橋2丁目7番地」モデルになった「靴磨きの幸ばぁちゃん」以前ブログで紹介


f0181746_7264522.jpg

うすい座布団 一枚で
地べたに座って 四十年
時が流れて 人が流れる
濁流うねる この都会(まち)で
流されまいと 流されまいと
小石のように うずくまる
靴を磨けば こころも晴れる
今日も元気に がんばって
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

こんな私に 出来たのは
一生懸命 生きること
秋の夕暮れ ひとつため息
赤チン色の 赤ちょうちん
一杯飲めば 一杯飲めば
人間なんて 立ち直る
靴の汚れは 心の汚れ
夢も磨けば また光る
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地

明日はきっと 明日はきっと
いいことあるさ 大丈夫
つらい気持は 靴みりゃわかる
今日もあなたは がんばった
雨の日も 風の日も
新橋二丁目 七番地





さて銀座へ
f0181746_733114.jpg
空也の最中。通りすがりでは決して買えない最中。事前予約で完売なのです。




f0181746_734930.jpg
今日は銀座8丁目の金春湯へ





f0181746_7342821.jpg
¥450




f0181746_7345822.jpg
懐かしいですね





f0181746_7352155.jpg





f0181746_7353476.jpg
ただ今、上映中




f0181746_736423.jpg
ただ今、午後5時です。銀座界隈の職人さん方は午後3時ころの休憩時間や、出勤前にひとっ風呂浴びるためこの時間は空いている。




f0181746_738950.jpg
いい湯でした






[PR]
by sanmu39 | 2012-06-25 07:39 | 時代の旅 | Comments(0)

昭和

新橋・銀座散歩

新橋へ
f0181746_14135089.jpg
新橋駅前ビル2号館へ。地下へと進む。





f0181746_14145085.jpg
立ち呑み「こひなた」
サラリーマンや小生みたいな奴に嬉しい。




f0181746_1415686.jpg
久しぶりの訪問。今日はワンコインまで・・・。





f0181746_1415556.jpg
ビールとにこごり。今日は1杯と決めてきたので・・・・。





f0181746_14175785.jpg
「すし処まさ」は3名で満席。うわさでは1年半先まで予約でいっぱい。





f0181746_14194981.jpg
昭和32年新橋文化劇場・新橋ロマン劇場。
ガード下にある貴重な劇場である。
内容は、ハリウッドのアクション映画を中心としたプログラムを送り続けている名画座が『新橋文化劇場』。





f0181746_14201427.jpg
そして、にっかつロマンポルノの封切作品と再映を交互に3本立てで興行を守り続けているのが『新橋ロマン劇場』だ。


銀座へ
f0181746_14204511.jpg
数寄屋橋交差点
f0181746_1421831.jpg




今度寄ってみたい店
f0181746_14214296.jpg
◎銀蕎麦「國定」銀座店
ここの店主は女性である。



f0181746_1422166.jpg
◎「銀座しまだ」
立ち呑みスタイルで、高級割烹である。
勝どきの「かねます」を思い出す。



f0181746_1422593.jpg
◎「そば所よし田」
気さくに一人で入り、だし巻き卵と鳥わさで一献。もしくは「泰明庵」かな。




f0181746_14254175.jpg
このビルの前「紅花ofTOKYO」だった。ある意味小生の始まりの「地・場所」である。18歳のスタート。
[PR]
by sanmu39 | 2012-06-05 14:29 | 時代の旅 | Comments(0)

合掌

全てに合掌

お疲れ様。
無念だろう。
悔しいだろう。

ありがとう。

合掌
[PR]
by sanmu39 | 2011-07-19 09:06 | 時代の旅 | Comments(0)

新宿副都心<東京都新宿区>

ふぞろいの林檎たち

先日新聞を読んでいたら山田太一脚本で1983年(昭和58年)放送が始まった「ふぞろいの林檎たち」の記事があり、どストライクの時代で懐かしさと若者の生き様を思い出した。
f0181746_9353591.jpg


遠くにそびえる新宿副都心の高層ビル群とスローモーションで真上へ放り投げられる三つの赤いリンゴ・・・のシーンが脳裏に浮かぶ。
無名の工業大学の学生3人(中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾)が劣等感や将来への不安を抱きつつも成長し、社会へ踏み出していく物語であったと思う。
f0181746_936997.jpg

タイトルの「ふぞろい」は当時ヨーロッパでの野菜の目利きは、野菜は形が不ぞろいでもおいしい。日本のスーパーの野菜は色や形が規格通りで魅力がないところから「ふぞろい」となり、りんごは当時ニューヨークの愛称であり、多種多様な人種、文化を受け入れ、自由を尊ぶ街として「ビックアップル」の愛称で親しまれた。その象徴の摩天楼にイメージを重ね、高層ビルが並び立つ新宿副都心にリンゴを組み合わせたのであった。
ある意味善き時代であったと思う。夢と希望と社会の逆風を楽しみ、なんでもやれた時代だった。
[PR]
by sanmu39 | 2010-02-26 09:37 | 時代の旅 | Comments(0)

日本のシンボル

黄昏の東京タワー
f0181746_7563827.jpg
昭和33年に333mの東京タワーが完成して半世紀が過ぎた。
東京タワーの塗装の色は赤と白のツートン・カラーだと思われているが、実は「インターナショナルオレンジ」と白なのです。この色は航空法で定められ勝手に変えることはできなく、現在は7等分に分けられているが、建設当時から昭和61年までは11等分に塗り分けられていた。どうでもよいことであるが、馴染みの配色である。そして墨田区に東京スカイツリーが平成23年(2011年)春に開業予定であるが、東京タワーは昭和のモノづくり時代の象徴として、また日本の首都を守り続けた文化遺産として忘れてはならない。
[PR]
by sanmu39 | 2009-04-22 07:57 | 時代の旅 | Comments(0)

2008年(平成20年)

今年の一文字

f0181746_825898.jpg
『義』である。
義とは、儒教における五常(仁・義・礼・智・信)の一。人のおこないが道徳・倫理にかなっていること。決して忘れてはならぬ、決して逃げてはならぬ、決して裏切ってはならぬ。全ては教えから悟り、「義」をもって心を成すこと。来年へ繋がる一文字でもある。1年お疲れ様でした。
[PR]
by sanmu39 | 2008-12-29 08:27 | 時代の旅 | Comments(0)