木偶坊の美探求流浪記 そして酒場と食と人を求めての旅


by sanmu39

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

ザルツブログ ザルツブル...

エキサイト以外リンク情報

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2016年 04月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

検索

カテゴリ

全体
日本古禮の旅
世界の旅
アートの旅
人間の旅
時代の旅
墨の造形
生書
酒場と食と人
Human

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
アーティスト

画像一覧

勝どき<東京都中央区>

日本一の立ち飲み「かねます」

f0181746_7163411.jpg
f0181746_7164786.jpg
日本一の立ち飲み、素材を生かした料理の極み、納得の料理値段、うなる旨さ等など食通たちは言う立ち飲み「かねます」である。築地市場から勝鬨橋を渡ると絶好の場所(現在は再開発により仮店舗)にそのかねますはある。機会があれば必ず縄のれんを潜り、捌く手仕事、店内の空気を観察しながらいただく芸術的な料理、そして自家製ハイボールをいただくのである。16時開店であるが、すぐに満立ちになってしまうので小生は16時に入る段取りをして勝どきに向かうのである。写真で紹介できないのが残念である。いつもマイデジカメを持参するのだが、あまりの旨さと店の空気の素晴らしさにシャッターを押すことを忘れてしまうのである。
f0181746_7173914.jpg
f0181746_7175268.jpg

店内はLの字型カウンターでご常連さんゾーンがある。小生は常連ではないが必ずご常連ゾーンへ行き、芸術的な店主の手仕事を拝見させていただく。全ての料理に共通することは新鮮でエコである。例えば赤貝のワタは捨ててしまうが、新鮮であることから下処理して一緒に出す。それが旨いのである。また赤貝の身の厚いこと・・・旨すぎて唸ってしまうのである。素材を知り尽くした芸術的技である。メニューは旬のものや一押し定番メニューの生うにの牛巻きがある。何度行っても素晴らしい食の堂の聖地である。
[PR]
by sanmu39 | 2009-04-14 07:21 | 酒場と食と人 | Comments(0)