木偶坊の美探求流浪記 そして酒場と食と人を求めての旅


by sanmu39

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お気に入りブログ

ザルツブログ ザルツブル...

エキサイト以外リンク情報

以前の記事

2017年 06月
2017年 02月
2016年 04月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月

検索

カテゴリ

全体
日本古禮の旅
世界の旅
アートの旅
人間の旅
時代の旅
墨の造形
生書
酒場と食と人
Human

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
アーティスト

画像一覧

郡山を訪ねて<福島県郡山市>

安積國造神(あさかくにつこじんじゃ)
f0181746_10202592.jpg
「郡山湯屋親睦会」と刻されているこの石刻は珍しいものです。さかのぼる事、江戸時代に銭湯を「湯屋」とよんでいた言葉です。その名残?でしょう。
f0181746_10272910.jpg
「御神楽殿」いい字ですね。顔真卿(中国唐代の屈指の忠臣であり代表的な書家)の顔氏家廟碑を思い出す。
f0181746_1036548.jpg
「昌平黌教授贈従四位艮斎安積先生誕生地」と刻されてある。明治の三筆(中林梧竹・巌谷一六 ・日下部鳴鶴)と呼ばれた書道家の一人、日下部鳴鶴の書。隷書で規範的な書風である。

国造神社、八幡、稲荷の三社が鎮座している神社で、JR郡山駅西口より徒歩7分位の場所に安積国造神社はある。
by sanmu39 | 2008-09-16 10:54 | 日本古禮の旅 | Comments(0)